2020年2月18日火曜日

盛岡市での個人投資家向け会社説明会を中止(延期)します

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。1月21日付のIR広報ブログで紹介した2月21日(金)にみずほ証券盛岡支店で開催予定でした個人投資家向け会社説明会を中止(延期)します。参加を予定されておられた皆さま、申し訳ありません。

本日の日本経済新聞に野村證券が17日、全国の本支店で開催するセミナーを当面の間、中止することを決めたという記事が載っていますが、みずほ証券も同様の決定をされたそうです。みずほ証券からは中止ではなく、新型肺炎が落ち着けば仕切り直ししますと言ってもらってますので、延期と言っておきます。

ブログを見た秋田県の方から盛岡支店に参加の申し込みがあったと連絡をいただいていたこともあり、とても残念です。

2020年2月14日金曜日

当社創業者のインタビュー記事が掲載されました

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。2月14日、東洋経済オンラインで当社の創業者である窪田規一(取締役会長)と東京大学の菅裕明教授のインタビュー記事が掲載されました。

下記をクリックすると見ることができます。さすが創業者の言葉は重みがあります。ぜひともご覧ください。

決算説明会を開催しました

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。2月14日(金)の13時から東証ホール(東京証券取引所2階)で機関投資家向け決算説明会を開催しました。登壇者は社長のパトリックと副社長の金城です。金城が30分説明をしたのち、質疑応答を約50分行いました(7名のアナリストから質問をいただきました)。

昨日のIR広報ブログで、決算説明会終了後に速やかに作業に取り掛かり、当日中に当社ウェブサイトで開示できるように努力しますと書きました。いまも作業を行っておりますが、質問量が多く、質問の中身も専門的なものが多く、正確を期するために開示は明日以降とさせていただきます。申し訳ありません。
なお、決算説明会に使用した資料に、金城が機関投資家に説明した内容を記載したものを本日の16時過ぎに当社ウェブサイトに公開してますので、ぜひご覧ください。

2020年2月13日木曜日

2019年12月期決算及び2020年12月期業績予想を発表しました

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。2月13日(木)の15時30分に2019年12月期決算を発表しました。決算期変更に伴って6ヵ月分の変則決算であったことや、戦略的パートナーである米国クリオ社との共同研究から得られた臨床候補化合物の米国での臨床試験入りに向けた費用約4億円を研究開発費に計上したこと等から赤字となりましたが、売上高、利益のすべての項目について2019年8月に発表した業績予想通りの結果となりました。当社の業績予想の精度は高まっています。

当社事業は、想定通り順調に進捗していると考えており、2020年12月期の業績予想についても2019年8月に発表した業績予想は変更しておりません。複数の新規契約が予想されること等から売上高は100億円以上、営業利益は53億円以上と予想しています。IR担当者として2020年はとても楽しみな一年と考えています。

明日の13時から機関投資家向け決算説明会の開催を予定しています。昨年9月の株主総会で、機関投資家向け決算説明会の質疑応答の内容を開示してほしいとの要望を複数の個人株主様からいただきましたので、決算説明会終了後に速やかに作業に取り掛かり、当日中に当社ウェブサイトで開示できるように努力します。

2020年2月7日金曜日

全員がマスク着用の個人投資家向け会社説明会

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。2月7日(金)にSMBC日興証券 大阪支店主催の個人投資家向け会社説明会に行ってきました。2社合同の説明会だったこともあるでしょうか、110名を超す多くの投資家様が参加してくださいました。

主催者であるSMBC日興証券のご配慮で、マスクが用意され、講演者の窪田や私、主催者側の司会者や受付を含めて、参加者全員がマスク着用での個人投資家向け会社説明会になりました。
窪田は、本日の寄り前に開示したクレオ社の話も交えて57分も話をしましたので説明会での質問時間はほとんど取れませんでしたが、終了後に複数の投資家が我々のところに来られ、多くの質問を受けました。

参加いただいた皆さま、ありがとうございます。細やかな対応をしていただいたSMBC日興証券大阪支店の関係者に感謝いたします。

クリオ社のIND申請が米国FDAから承認されました

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。当社の戦略的パートナーであるKleo Pharmaceuticals(以下 クリオ社)が、多発性骨髄腫を適応症として申請していた「KP1237(CD38-ARM)」のIND(新薬臨床試験開始届)が、米国FDA(食品医薬品局)から承認されたことを、2月6日にニュースリリースとして発表しました。

KP1237は、骨髄腫細胞表面に過剰発現しているシグナル伝達分子のCD38を標的として、クリオ社が当社との共同研究から創製した臨床候補化合物です。

今回の承認について、個人的には3月中だろうと予想していたので、早かったなという印象です。多発性骨髄腫は代表的な血液のがんです。最も多い自覚症状は腰や背中の骨の痛みであり、米国では毎年約3万人が新たに患者として診断されているのに、有効な治療薬が少ない疾患領域となっています。

2020年前半に患者組み入れを開始すると記載されており、次世代のがん免疫療法薬の臨床開発がいよいよスタートとなります。

2020年2月6日木曜日

羽賀選手が車いすラグビー体験イベントの講師を行います

みなさん、こんにちは。IR広報部長の岩田です。2月8日(土)、港区スポーツセンター 5階 サブアリーナ(東京都港区芝浦1丁目16-1)で東京都港区主催のイベントとして「車いすラグビー体験コーナー」が14時から17時まで開催されます。当社所属の羽賀 理之(はが まさゆき)選手が講師です。対象は港区内在住・在学の小学生です。お知り合いの方がおられましたら、ぜひ体験をすすめてください。

港区ウェブサイト:https://www.city.minato.tokyo.jp/sports/20200208.html
イベントポスター:https://www.city.minato.tokyo.jp/sports/documents/sports4.pdf